2014年11月24日

洋服感覚で!

P1170787.jpg着物初心者の生徒さんからよく聞かれることがあります。

コーディネートについて

着物と帯の組み合わせがよくわからない。
自分でいいと思ったのものがおかしくないか不安。
人から見て大丈夫なのか。

などなど。

その不安、よくわかりますよ!最初はわからないことだらけで不安ですよね。

季節が違うものの組み合わせがNGというのはすぐにご理解いただいています。
生徒さんたちが悩んでいるのはコーディネートについて自分の知らない
キモノルールがあるのでは?という不安なのではないかと思います。

結論・・・「洋服感覚で楽しんじゃってください!!

あまり難しく考えずに、普段ご自分が楽しんでいる洋服の感覚で
着物もコーディネートしていただいて構いません!キッパリ。
着物だから古典柄、和柄・・・なんて考えなくていいのです。
もちろん和柄はとても素敵なのでソレから入ってもOK。

それでもやっぱり不安なんですぅ〜という方は、
無地っぽい着物をベースにして、帯の色や柄で遊ぶ・・・というのを
おすすめします。
例えば、洋服を着るときに、無地のパンツやスカートにシャツやブラウスなど
トップやアウターの色柄を考える時の感覚。さらに、ネックレスやピアスなどの
アクセサリーを帯締めや帯揚げに置き換えるのです。
着物もそんな感じのコーディネートでいいんですよ!
他人のことは考えず、自分のオリジナルな感覚を楽しんでください。
(人は意外に見ていないしー 笑)

最近は特に洋服の感覚でキモノや帯、小物などを作られているブランドや
個人で運営されているショップがたくさんあります。

私は無地の他に、伝統的な江戸小紋や縞柄、立涌柄の着物なんか大好きで、
帯もどちらかというと最初は古典柄や季節の和花柄が入ったものを
購入していました。

P1190537.jpg最近はモダンな雰囲気のものが気になって、少し洋服寄りな感じのものを買っています。(帯飾りは葉山ビーズ時間・めいさん)

P1190441.jpg帯揚げはゼブラ柄を買ったり、草履の鼻緒や帯留めに蛇革を選んだりも。(鼻緒と帯留めはモダン着物小物・梅屋さん)





P1170803.jpgこの帯は紬調の木綿生地を購入して、和裁士さんに名古屋帯に仕立てていただいたものです。なにげに紅型風でよく人から褒めていただき恐縮(汗)。(帯留めは東風杏・三品雅子さんの作品)


P1190349.jpg立涌柄の江戸小紋に墨流しの帯。帯はリサイクルショップのもので、ひと目ぼれして袋帯から名古屋帯に仕立て直ししてもらいました)。墨流し柄ってマーブル模様のようでモダンな感じがツボです!帯留めは洒落水引・荻原さん。赤系の水引帯留めもほしいなぁと検討中♪



個人の作家さんの着物や小物はネットショップの他に関東では都内のデパートやイベントで購入することができます。私はできるだけ実際に色や雰囲気を見てから購入したいので、上記の作家さんたちの小物もすべてご本人がいらしてる催事などで直接購入しています(葉山ビーズ時間さんは葉山のショップなのでこちらで直接購入)。
着物は古典柄が多くてハードルが高い・・と思われている方には、現代的な雰囲気がプラスされたモダンな雰囲気のものから入っていくと気軽でいいと思いますよ!ご参考になれば幸いです。

葉ごろも着付け教室のサポートサービスのご利用もお待ちしています!
posted by miyuki at 21:12| Comment(0) | 着物アレコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。