2015年10月20日

今日のレッスン♪

P1220225.jpg着たいなキモノ、自分でキモノ、
海を見ながら楽しくレッスン
葉ごろも着付け教室
 中西美幸です


きょうはいよいよキモノコース最終回のSさんのレッスンでした。
肌着から最後の帯揚げまで全部の工程をチェックして、忘れている部分や直した方が良い手さばきなどをしっかり見ていきます。また、Sさんに合う補正について最後まで色々と試してみたり、お出かけ先での着崩れのお直しの仕方などもお伝えしました。

*Blog掲載はご了承をいただいた方のみUPしております。
また、長襦袢までのレッスンの画像掲載はしておりません。


P1220226.jpgSさんからも苦手な部分や不確かな所を言っていただき繰り返し行いました。初めての着付けレッスンで染めの小紋やお太鼓柄の帯はハードルが少し高めになりますが、Sさん最後まで頑張りました!



P1220227.jpg7回のレッスンを終了した時点で楽に着付けができるわけではありません。そんな方は皆無です(きっぱり)!
えええー、そんなーと思われるかもしれませんが、着付けは簡単ではなく着なければ忘れやすいものというのが事実です。この後、レッスン終了後、特に2ケ月間くらいにどれだけ練習するか、またキモノを着てどれだけお出かけするかが、着付けを忘れず上達することにつながります。少し怖いと思うかもしれませんが勇気を出してえいやっとお出かけしてみてくださいね!
このあとSさんから着物デビューサポートのご依頼をいただきました。行き先を「鎌倉」でリクエストをいただきましたのでどこに行こうか私もワクワク楽しみです!(もちろんデビューのお手伝いもしっかり行いますよ)

Sさんは4月に初めてワンコイン講座でご相談にいらして、浴衣レッス、お買い物サポートと続き、夏の間はお休みし、準備万端整えてのキモノコースレッスンでした。半年間に渡るおつきあいに感慨深いものがあります。葉ごろも着付け教室の生徒さんの中ではとてもお若いSさんが、着物や着付けに興味を持って自分で着られるようになりたい!と思ってくださることがとてもうれしいです。レッスン合間の5分間休憩などでも色々なお話をしてずっと笑っていたような半年間でした。当教室を選んでくださり、楽しくレッスンできて心から感謝しています!

P1220224.jpg〈オマケ〉きょうは三勝さんの江戸百選。薄地の木綿です。帯は自分で見つけた紬調の木綿ファブリックを和裁士さんに名古屋帯に仕立てていただいたものです。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
葉ごろも着付け教室 中西美幸
ホームページ  http://hagoromo.main.jp/top/top.html
メールアドレス hagoromokitsuke@gmail.com
短期間&低料金でカッコ良く美しい着付けを!
楽しくレッスンしましょう。
お問い合わせ、お申し込みお待ちしています♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。