2016年06月17日

昭和の暮らし博物館

FullSizeRender 4.jpg6月というのに強い日差しが降り注ぎ真夏日となったきょう、マリンの様子も落ち着いていたので、久が原にある『昭和の暮らし博物館』に行ってきました。昭和26年に建てられた住宅で、屋内には懐かしいものが展示されています。年齢的なものなのか、最近こういったものを見たくて仕方ありません。
*茶の間で話し込んでいたらスタッフの方が、着物があまりにも馴染んでいて素敵です・・・と、写真を撮ってくださいました。昭和の暮らし博物館のブログやフェイスブックに載っています\(//∇//)\

FullSizeRender 6.jpgおじゃましまーす。



IMG_1800 2.JPG思っていたよりこじんまりとしていましたが、私よりもう少し上の年齢の方にはさらにツボかと思われます。懐かしい家具やおもちゃ、生活用品の数々。屋内撮影が禁止されているのがちょっと残念でしたが、とてもくつろげて楽しめました。エアコン無し!!(もしくはつけていない)。でも、古い日本家屋ということもあり、風が通ると涼しかったです。

FullSizeRender 5.jpg見上げるのは柿の木、後ろにはドクダミ茶作りのための茶葉が干されています(後ろは増築された建物)。





IMG_1752.JPGお邪魔しました〜。素敵なしじらの女性はご一緒していただいたサリィさん。夏きものにサングラスが決まってマス!





IMG_1774.JPGいやぁ、ホントに暑かった!!ここは東急池上線・久が原駅から徒歩7.8分で遠くない所なのですが、あまりに暑くてこれ以上歩けません!の距離でした。帰りは蒲田駅・東急プラザ4Fのホットケーキが美味しいお店「市美多寿:シビタス」へ。もうね、名前がツボで。夜露死苦みたいな。でもゆっくりできて好きなのです。サリィさんにもよろこんでもらえてよかった。



P1240041.jpg天気予報でとーっても暑くなると聞いていたので、6月なんて関係なく麻!襦袢は海島綿。それでも暑かった。カジュアル仕様のキモノは洋服と同じで天気や気温に合わせたものが良いです。「着物暦」に惑わされず、楽しんでいただきたいと思います。
posted by miyuki at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。