2016年07月26日

初めての誂え

P1320020 (1).jpgいただきもの、リサイクル品、誂え・・・皆さん色々なパターンで着物を楽しんでいます。余裕があって最初から誂えで揃えている方もいますし、リサイクル品で1ケ月◯◯円まで!または、プレタ着物で楽しんでます!・・・など、人それぞれです。高くても安くても、誂えでもリサイクル品でも、自由に自分らしく楽しんでいただきたいと思います。
私は10年くらい前からキモノを着始めましたが、当時の仕事のお給料が少なく、とにかくお金が無くて(今も:笑)、本当にいろいろ工夫していました。でも今思うと、お金がなかったからこそ、その時工夫したことがとても勉強になっていて、今のレッスンに役立っています!

たとえば、誂えるとしても、
@低めの値段設定で、しかも安心なショップで反物を購入
A信頼できるリサイクルショップでB反や八掛、胴裏を購入
B撮影用に使った仮仕立て状態のものを購入
など、価格を抑えることは可能です。
最初の1枚から全てが成功!・・・というわけにはなかなかいかないので、やはり価格は
おさえたいところ。そのためにはできるだけ自分の「寸法」を把握することも大切です。

最初はできるだけ自分の寸法に近いリサイクル品を見つけて着付けの練習も兼ねて
着慣れていき、慣れてきたところで自分のベストな寸法を割り出し、初めての誂えを
することをおすすめします。その際はたまにしか着ないフォーマルなキモノより、
出番が多いカジュアルにお出かけを楽しめる木綿、小紋、紬などが良いですよ。

TOP画像は初めて誂えた着物で藤色の結城紬です。2枚目まではリサイクル品で
これは3枚目の着物。誂えたのは2009年で、キモノを着始めてから丸2年立っています。
満を持して作ったつもりがお仕立てでいくつか失敗してしまいました。
その後数回お直しをしています。その経験が「寸法」の大切さを知ることになり、
教室のサポートメニューにも結びつきました。
葉ごろも着付け教室には、他には無いメニューやフレキシブルな対応をするということで、
遠方からもたくさん生徒さんがいらしてくださっています。初心者さんには着物の扉を
叩く前のことを、そして経験者さんにはさらに美しく着こなすサポートを。
キモノを着ることによって人生が楽しくなる着物人さんを増やすためにがんばっています!!
キモノを着たい、知りたいという方、お気軽にお問い合わせくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
葉ごろも着付け教室 中西美幸
ホームページ  http://hagoromo.main.jp/top/top.html
メールアドレス hagoromokitsuke@gmail.com
短期間&低料金でカッコ良く美しい着付けを!
楽しくレッスンしましょう。
お問い合わせ、お申し込みお待ちしています♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

posted by miyuki at 13:23| Comment(0) | 着物アレコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。